業務用エアコンをリースするメリット

HOME » 業務用エアコンリース情報 » 業務用エアコンをリースするメリット

業務用エアコンをリースするメリット

近年、企業や工場では業務用エアコンの導入にあたってリース会社を利用する傾向が強くなっているそうですが、これはどんな理由があるのでしょうか?
ここではリースのメリットをいくつか挙げていきますので、導入するときの検討材料にしてほしいと思います。

まずはじめにもっとも大きなメリットは「コストカットができる」ところで、業務用エアコンを購入するとなると安くても数十万円、高いものでは5,000,000円以上するものもめずらしくありません。
そのような製品を一括で購入できるところは限られてきますし、その時点で大きな導入コストを支払っていることになります。
しかしリースなら初期費用はほとんどかかりませんし、月々のリース料金もわずかなので導入コストを大幅にカットすることができます。
またレンタルと違って複数年単位での契約になりますから、その期間ずっと使い続けられます。

次にリースは税制上、必要経費として処理できますので節税効果がありますから、この点でもメリットがあります。
経費に関することは企業・工場が契約する税理士に相談するのが好ましいので、まずはリースについて話をしてみましょう。

そしてリースは動産なので基本的に保険がつきますから、もし火災、水害、落雷、爆発などのトラブルに見舞われてもしっかり補償がついてきます。
したがってトラブルに見舞われても大きな損害を出すことがなく、経営状況に打撃を与える心配がないのです。
このように業務用エアコンのような高額な製品をリースで導入するメリットはたくさんありますので、是非検討してほしいと思います。