業務用エアコンの種類

HOME » 業務用エアコンリース情報 » 業務用エアコンの種類

業務用エアコンの種類

業務用エアコンを導入するにあたって、どんな種類があるのか調べている経営者の方も多いと思いますが、最近では購入するよりもリースでの導入が増えているそうです。
リースは初期費用がほとんどかかりませんし、月々にかかるコストもわずかなので大きなダメージを与える心配もありません。
特にコストカットに積極的な企業・工場にとってはリースにすることで月々にかかるコストも安定しますから、よりスムーズな経営ができるはずです。
それではリースで業務用エアコンを導入する場合、どんな種類があり、選択することは可能なのでしょうか?

まず業務用エアコンの種類は企業や工場の規模によって異なりますし、利用するリース会社によっても違います。
基本的に安ければ購入価格300,000円前後からありますし、高いものだと5,000,000円以上する製品もあります。
メーカーもいくつかありますので、リース会社にアドバイスをもらいながら適切な製品を導入したほうが間違いも少ないでしょう。

そこでポイントになるのがリース会社の選択で、これはできるだけ多くの種類の業務用エアコンを扱っているところのほうが選択肢が多くなりますし、その分自分たちに合った製品を見つけやすくなります。
また適切なアドバイスがある、保険がしっかりしているかもポイントになりますので、いくつかのリース会社から話を聞いてみたほうがいいでしょう。
最近では知名度の高いリース会社はほとんどホームページを持っていますから、まずはホームページで詳細を確認してください。
その後いくつかリストアップしていくことをおすすめします。

業務用エアコンのお役立ち情報

業務用エアコンが効かないと感じたら
業務用エアコンを使用していると冷房や暖房が効かないと感じることがあります。そのような場合の原因とはどのようなものなのでしょうか?まずは運転モードが適切であるかを確認してみましょう。運転モードには、冷房、暖房、ドライ、送風、自動などのものがあります。正しい運転モードになっているか確認しましょう。フィルターが汚れているという場合や、室外機のまわりに物が置いてあるなどの場合にも効きが悪くなりますので、注意しましょう。これらに問題がないという場合にはまず、業務用エアコンを一旦停止して、ブレーカーを落としてみましょう。業務用エアコンのブレーカーを落として、しばらくしてからブレーカーを上げて運転してみましょう。それでも効きが悪いという場合には、業者に修理を依頼するようにしましょう。

業務用エアコンでより効果的な節電をするならエコナビ
業務用エアコンには、色々なメーカーがありますが中でも、より効果的に節電をしたい、快適性を求めたいのなら、Panasonicのエコナビがおすすめです。このエコナビには、人感センサーと床温センサーが搭載されています。そのため、人間の動きによって節電運転を行うなど無駄を省いてくれます。さらに、湿度センサーも搭載されているので、部屋の湿度も検知することが出来ます。店舗やオフィスの業務用エアコンはなるべく節電するようにしたいと考えている人が多いでしょう。そのような人に、これはおすすめです。これを使うには、エコナビパネルやエコナビ機能を使用するためのワイヤードリモコンが必要になります。

業務用エアコンには数種類ある?
業務用エアコンは、みんな同じようなものであるというイメージを持っている人がいますが、それは違います。業務用エアコンにもそれぞれに適したタイプのものがあります。具体的に、業務用エアコンにはどのような種類があるのかということですが、壁掛形、床置形、ビルトイン、天井吊形、天井カセット形4方向、2方向などのものがあります。これらは、部屋の広さや周囲の状況などを加味しながらどのタイプのものがよいのか決めるのがよいでしょう。どのタイプのものがよいのかということは、業者と相談しながら選ぶようにするとよりよいでしょう。業務用エアコンは、設置場所によって適したものが違うということを覚えておきましょう。