業務用エアコンの修理で覚えておきたいエラーコードとは?

HOME » 業務用エアコン修理情報 » 業務用エアコンの修理で覚えておきたいエラーコードとは?

業務用エアコンの修理で覚えておきたいエラーコードとは?

エラーコードはトラブル発生を教えてくれるって本当?

業務用エアコンは、できればトラブルなく長く使用していきたいものですが、どうしても消耗品ですので、長く使用すればするほど、故障のリスクは高まります。

そんな、業務用エアコンについてですが、修理の際に覚えておきたいことがあります。

業務用エアコンの修理の際に、覚えておきたいこととはどのようなことなのでしょうか?

業務用エアコンの修理が必要な場合には、多くの場合エラーコードというものが表示されます。

このエラーコードは、A3、E4などのように表示されます。

とくに、リモコンの部分に表示されることが多いです。

このエラーコードは、すべてのメーカーで共通のものが表示されるということではありません。

メーカーごとに、エラーコードは異なりますし、エラーコードが示す意味というものも大きく変わってきます。

そもそもエラーコードとは何か?

ということですが、これは業務用エアコンに何かしらのトラブルが発生しているということを意味しています。

つまり、エラーコードが表示されているという場合には、業務用エアコンの点検や修理が必要になるということになるのです。

このエラーコードについてですが、修理の程度に関らず表示される場合があります。

一度電源を落としてみて、エラーコードが消えるということであれば問題はないかもしれませんが、エラーコードが消えないという場合には、メーカーや修理業者に点検、修理を依頼しましょう。

エラーコードは、各メーカーのホームページや、修理を専門に行っている業者のホームページなどから調べることができます。

エラーコードを確認すれば、どのようなトラブルが発生しているのかがわかります。

ただし、自分で直せるトラブルというのはほとんどありませんので、エラーコードがでている場合には、早めにメーカーもしくは修理業者に相談するのがよいでしょう。

修理の依頼をする場合には、業務用エアコンのメーカー名、機種、エラーコードの有無、設置した年数などの情報がわかるとより伝わりやすくなります。

とくに、メーカー、機種、エラーコードがわかると、修理をする側には業務用エアコンの内部でどのようなトラブルが発生しているのかを推測することができますし、どのような修理をすればよいのかも想像しやすくなります。

業務用エアコンのエラーコードは、業務用エアコンにトラブルが起こっているということを教えてくれるものだと解釈しておけば間違えありません。

もしも、エラーコードがでているという場合には、新空調にご相談ください。

新空調では、すべてのメーカーの業務用エアコンの修理に対応しています。

業務用エアコンの点検、修理ならお任せください。

迅速に対応させて頂きます。

業務用エアコンのお役立ち情報

業務用エアコンが効かないと感じたら
業務用エアコンを使用していると冷房や暖房が効かないと感じることがあります。そのような場合の原因とはどのようなものなのでしょうか?まずは運転モードが適切であるかを確認してみましょう。運転モードには、冷房、暖房、ドライ、送風、自動などのものがあります。正しい運転モードになっているか確認しましょう。フィルターが汚れているという場合や、室外機のまわりに物が置いてあるなどの場合にも効きが悪くなりますので、注意しましょう。これらに問題がないという場合にはまず、業務用エアコンを一旦停止して、ブレーカーを落としてみましょう。業務用エアコンのブレーカーを落として、しばらくしてからブレーカーを上げて運転してみましょう。それでも効きが悪いという場合には、業者に修理を依頼するようにしましょう。

業務用エアコンでより効果的な節電をするならエコナビ
業務用エアコンには、色々なメーカーがありますが中でも、より効果的に節電をしたい、快適性を求めたいのなら、Panasonicのエコナビがおすすめです。このエコナビには、人感センサーと床温センサーが搭載されています。そのため、人間の動きによって節電運転を行うなど無駄を省いてくれます。さらに、湿度センサーも搭載されているので、部屋の湿度も検知することが出来ます。店舗やオフィスの業務用エアコンはなるべく節電するようにしたいと考えている人が多いでしょう。そのような人に、これはおすすめです。これを使うには、エコナビパネルやエコナビ機能を使用するためのワイヤードリモコンが必要になります。

業務用エアコンには数種類ある?
業務用エアコンは、みんな同じようなものであるというイメージを持っている人がいますが、それは違います。業務用エアコンにもそれぞれに適したタイプのものがあります。具体的に、業務用エアコンにはどのような種類があるのかということですが、壁掛形、床置形、ビルトイン、天井吊形、天井カセット形4方向、2方向などのものがあります。これらは、部屋の広さや周囲の状況などを加味しながらどのタイプのものがよいのか決めるのがよいでしょう。どのタイプのものがよいのかということは、業者と相談しながら選ぶようにするとよりよいでしょう。業務用エアコンは、設置場所によって適したものが違うということを覚えておきましょう。