業務用エアコンのリース

HOME » 業務用エアコンリース情報 » 業務用エアコンのリース

業務用エアコンのリース

企業や工場などで不可欠なものの中に業務用エアコンがあげられると思いますが、これは大変高額になるため導入コストを考えても慎重にならざるを得ないと言えます。
しかし絶対に必要なものでもあるので導入にあたってしっかり情報収集することが大切ですし、コストカットのためにはいろいろな選択肢があることも覚えておかなければなりません。

企業や工場で使われる業務用エアコンは種類も豊富で家庭用より広い空間に対応していますし、大きさもピンからキリまであります。
これから導入を考えているなら自分たちの企業や工場の規模に合ったものを選択する必要があるので、できれば詳しい人からアドバイスをもらったほうがいいでしょう。

そこで今回おすすめしたいのは業務用エアコンのリースで、これならプロの目から見たアドバイスを貰えるだけでなく大幅なコストカットもできるのでまさに一石二鳥です。
リースと聞いていまいちピンと来ない人や、レンタルとの違いはどこにあるのか分からない人もいると思います。

まずリースとは製品を借りることには間違いありませんが、メーカーなどに直接借りるのではなくリース会社を仲介して借りることになります。
そして最終的に買い取ることになるケースもありますし、そのまま返却するケースもありますからリース会社のシステムを把握しておかなければなりません。
特に初めての場合、よく分からないまま契約してしまって思っていたのと違っていても途中解約することはできません。
したがって決断は慎重にする必要がありますので、自分でも知識を深める努力をしておきましょう。

業務用エアコンのお役立ち情報

業務用エアコンが効かないと感じたら
業務用エアコンを使用していると冷房や暖房が効かないと感じることがあります。そのような場合の原因とはどのようなものなのでしょうか?まずは運転モードが適切であるかを確認してみましょう。運転モードには、冷房、暖房、ドライ、送風、自動などのものがあります。正しい運転モードになっているか確認しましょう。フィルターが汚れているという場合や、室外機のまわりに物が置いてあるなどの場合にも効きが悪くなりますので、注意しましょう。これらに問題がないという場合にはまず、業務用エアコンを一旦停止して、ブレーカーを落としてみましょう。業務用エアコンのブレーカーを落として、しばらくしてからブレーカーを上げて運転してみましょう。それでも効きが悪いという場合には、業者に修理を依頼するようにしましょう。

業務用エアコンでより効果的な節電をするならエコナビ
業務用エアコンには、色々なメーカーがありますが中でも、より効果的に節電をしたい、快適性を求めたいのなら、Panasonicのエコナビがおすすめです。このエコナビには、人感センサーと床温センサーが搭載されています。そのため、人間の動きによって節電運転を行うなど無駄を省いてくれます。さらに、湿度センサーも搭載されているので、部屋の湿度も検知することが出来ます。店舗やオフィスの業務用エアコンはなるべく節電するようにしたいと考えている人が多いでしょう。そのような人に、これはおすすめです。これを使うには、エコナビパネルやエコナビ機能を使用するためのワイヤードリモコンが必要になります。

業務用エアコンには数種類ある?
業務用エアコンは、みんな同じようなものであるというイメージを持っている人がいますが、それは違います。業務用エアコンにもそれぞれに適したタイプのものがあります。具体的に、業務用エアコンにはどのような種類があるのかということですが、壁掛形、床置形、ビルトイン、天井吊形、天井カセット形4方向、2方向などのものがあります。これらは、部屋の広さや周囲の状況などを加味しながらどのタイプのものがよいのか決めるのがよいでしょう。どのタイプのものがよいのかということは、業者と相談しながら選ぶようにするとよりよいでしょう。業務用エアコンは、設置場所によって適したものが違うということを覚えておきましょう。