業務用エアコンが故障した場合には、すぐに修理を依頼する!時期によっては、修理までに多くの日数が必要になる!

HOME » 業務用エアコン修理情報 » 業務用エアコンが故障した場合には、すぐに修理を依頼する!時期によっては、修理までに多くの日数が必要になる!

業務用エアコンが故障した場合には、すぐに修理を依頼する!時期によっては、修理までに多くの日数が必要になる!

業務用エアコンが故障してしまった場合には、できるだけ迅速に修理を依頼する必要があります。
また、病院、介護施設、保育園、幼稚園などお年寄りや子供が多い場所に設置されている業務用エアコンが故障してしまった場合には、とくに迅速な対応が求められます。

お年寄りや子供の多くいる場所の業務用エアコンが故障してしまった場合についてですが、夏場などでは命の危険もあります。
「業務用エアコンが故障したくらいで、大げさな!」と思うかもしれませんが、近年の日本の夏は気温が40℃近くになることも珍しくありません。

窓を開けている、扇風機を使用しているだけでは、温度の上昇を防ぐことができず、体調を崩してしまうことや最悪の場合には、命を落としてしまう危険性があります。
夏場は、業務用エアコンのトラブルが全国的に多くなり、メーカー、修理業者は、修理対応に追われることになります。
そのため、修理までに時間がかかる場合もあります。
また、故障箇所によっては、代わりの部品を取り寄せるのにも、時間がかかることがあるので、故障してしまった場合には、すぐに修理を依頼するようにしましょう。
夏場や冬場に業務用エアコンが使用できないと大変です。

業務用エアコンの修理は、実績が豊富で技術の高い、新空調がオススメ。

業務用エアコンのお役立ち情報

業務用エアコンが効かないと感じたら
業務用エアコンを使用していると冷房や暖房が効かないと感じることがあります。そのような場合の原因とはどのようなものなのでしょうか?まずは運転モードが適切であるかを確認してみましょう。運転モードには、冷房、暖房、ドライ、送風、自動などのものがあります。正しい運転モードになっているか確認しましょう。フィルターが汚れているという場合や、室外機のまわりに物が置いてあるなどの場合にも効きが悪くなりますので、注意しましょう。これらに問題がないという場合にはまず、業務用エアコンを一旦停止して、ブレーカーを落としてみましょう。業務用エアコンのブレーカーを落として、しばらくしてからブレーカーを上げて運転してみましょう。それでも効きが悪いという場合には、業者に修理を依頼するようにしましょう。

業務用エアコンでより効果的な節電をするならエコナビ
業務用エアコンには、色々なメーカーがありますが中でも、より効果的に節電をしたい、快適性を求めたいのなら、Panasonicのエコナビがおすすめです。このエコナビには、人感センサーと床温センサーが搭載されています。そのため、人間の動きによって節電運転を行うなど無駄を省いてくれます。さらに、湿度センサーも搭載されているので、部屋の湿度も検知することが出来ます。店舗やオフィスの業務用エアコンはなるべく節電するようにしたいと考えている人が多いでしょう。そのような人に、これはおすすめです。これを使うには、エコナビパネルやエコナビ機能を使用するためのワイヤードリモコンが必要になります。

業務用エアコンには数種類ある?
業務用エアコンは、みんな同じようなものであるというイメージを持っている人がいますが、それは違います。業務用エアコンにもそれぞれに適したタイプのものがあります。具体的に、業務用エアコンにはどのような種類があるのかということですが、壁掛形、床置形、ビルトイン、天井吊形、天井カセット形4方向、2方向などのものがあります。これらは、部屋の広さや周囲の状況などを加味しながらどのタイプのものがよいのか決めるのがよいでしょう。どのタイプのものがよいのかということは、業者と相談しながら選ぶようにするとよりよいでしょう。業務用エアコンは、設置場所によって適したものが違うということを覚えておきましょう。