業務用エアコンリースのデメリット

HOME » 業務用エアコンリース情報 » 業務用エアコンリースのデメリット

業務用エアコンリースのデメリット

業務用エアコンはリースで導入するのがおすすめだという話をよく聞きますが、これはいくつかのメリットによるところが大きいです。
たとえば通常安くても300,000円前後かかる製品の場合、リースで導入すれば初期費用はほとんどかからず月々のリース料も数千円程度で5年から7年継続して使えますから導入しやすいのです。
一括でまとまったお金を用意するのはリスクも大きいですし、ほかにも使うべきところはありますからそういった企業・工場にとってリースはとても魅力的なのです。
加えてリースは動産契約になるため、万が一災害に巻き込まれてしまっても保険が適用されますので、損害もほとんど出さずに済みます。

これだけ聞くとメリットだらけでデメリットはないのでは?と思うかもしれませんが、リースにもデメリットはあります。
まずあげられるのが途中解約ができない点で、これはすべてのリースした製品に共通することですからリース会社を利用するつもりなら覚えておかなければなりません。
たとえば5年契約で業務用エアコンを導入して、少し経った後に新しいものと交換したいと思っても契約期間中はそれができませんので期間が終わるまでは使い続けなければなりません。

次にリース中の製品の所有権は常にリース会社にありますので、これを移転させることができません。
ただリース会社によっては契約終了後の買取オプションがついているところもありますので、この場合そちらのプランを利用してください。
最後に月々にかかるコストは少なくても最終的に支払うお金はリースのほうが割高になる傾向があります。