業務用エアコンリースと購入の比較

HOME » 業務用エアコンリース情報 » 業務用エアコンリースと購入の比較

業務用エアコンリースと購入の比較

これから業務用エアコンを導入したいと考えている企業・工場では、リースと購入どちらがお得か頭を悩ませているところも多いのではないでしょうか?
そこで今回はリースと購入の特徴を紹介していきますので、どちらがメリットが多いか比較してみてください。

はじめに初期費用にかかるコスト面ですが、リースの場合限りなく0円に近く、購入の場合は機器代金+工事費の2つが発生します。
購入の場合ここが一番コストがかかるところでもあるので、この点ではリースのほうが圧倒的にメリットがあると言えるでしょう。

次に業務用エアコンの所有権ですが、リースの場合購入しているわけではないので終始リース会社に所有権があり、それが移ることは契約期間中はありません。
一方購入の場合は自分たちのお金で買っているわけですから当然所有権は自分たちにあります。

また全体でかかるコストですが、リースの場合は製品の費用+リース料、そして購入の場合は製品の費用だけになるので、全体で見ると購入のほうがメリットがあると言えるでしょう。
さらにリースは途中解約ができない、利用するために審査を必要とするのでこの点も購入に分があるように思えます。

ただ万が一トラブルが起こった場合、リースは無料で修理をしてもらえますし災害に巻き込まれたときにも保険が適用されるため損害を出す心配がありません。
購入の場合はその費用をすべて自分たちで賄わなければならないので、この点は圧倒的にリースのほうがメリットがあります。

このようにリースと購入ではそれぞれメリットが異なりますので、自分たちに合ったほうを選択してください。